審査が通らない方やなかなか借りれない方の為に、安心して利用ができる消費者金融会社をご紹介します!

本気で借りたい人の為の、ローン審査に通る方法

お金を借りるということ

ブラックリストとは

『ブラックOK』と謳っている消費者金融がよくありますが、そもそもブラックリストとは何なのでしょうか?

銀行や消費者金融など金融業界は、民間の信用情報機関から様々な個人情報を入手・共有しています。
この情報の内容は、異動情報や借金の返済はできなくなったなどの事故情報を意味します。このシステムを利用して、貸し手側は新たに借金を申し込んで来た人の事故情報を確認できるようになっています。
したがって、もし借金を申し込んできた人が他社への返済をしていなかったなどの事故情報があると、新たな貸し出しは難しくなります。
つまり、この自己情報に載ることが『ブラックリストに記載された』という訳です。

ブラックリストに記載される事での影響

最近、ローンの返済が遅れたので他の消費者金融の審査が通らなかったのは、自分の情報がブラックリストに載ったからか、と考える人は少なくありません。
いくつかの金融機関からお金を借りていて、思うように毎月の返済ができなくなると自己破産に発展することがありますが、その手前にいる人は現在何百万人だとも言われています。

ブラックリストは正式には異動情報と呼ばれますが、事故情報あるいはネガティブ情報と呼ばれたりします。
全国信用情報センター連合会(全情連)と呼ばれる信用情報機関には個人の異動情報が記録されていますが、消費者金融はその情報を審査に際して照会して利用します。
この全情連の個人情報は本人でも照会もできますから、自分のことが気になる人は直接照会することもできます。

借入金の返済が3ヶ月以上延滞するとブラックリストに記載されますが、借金を完済してから5年後にこの異動情報は抹消されます。

(1)3ヵ月(61日)以上返済が滞った時、(2)自己破産、特定調停、任意整理がなされた時、(3)過払い金返還請求をした時、(4)個人再生手続をした時、(5)代理弁済(本人以外の人、または保証会社が返済)をした時、(6)本人が行方不明になり貸金が回収できない時などはブラックリストに記載されます。

確実に借りれる金融会社

1社目 30分審査で50万円借りれる消費者金融
2社目 多重債務者でも100万円借りれるところ
3社目 総量規制関係なく借りれる大口融資が得意な金融会社

-お金を借りるということ
-

Copyright© 本気で借りたい人の為の、ローン審査に通る方法 , 2020 All Rights Reserved.